| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年01月31日 (火) | 編集 |
改めて自分の好きな作品を読んだりするとき、
いろいろなものに置き換えながら読むと
今まで気付かなかったことに気付く
ということについてです

これはなかなか面白いもので
登場人物の思考やとりまく状況に対して気付くことが増えます

たとえば私が好きな「皇国の守護者」という作品について書くなら

「逆境に継ぐ逆境に対する状況判断」
「非常に限定的な装備と兵隊」
「固定観念の排除」
「士官という立場」

ということを

「つらいときどうするのか?それでも"ひとつひとつ、よくしていく"ということ」
「周囲の環境(友人や、人脈、個人の能力など)」
「固定観念にとらわれずに、新しい事を常に求める姿勢」
「自分自身が周囲に対してどういう立ち位置か?」

というように、置き換えることができます
もっと簡単に言うなら5W1Hを置き換えて考えてみるということですね
それだけのことで、たった数冊しか出ていない作品でさえも、無限の広がりを見せます
好きなキャラはもっと好きになれるし
嫌いだったキャラクターの中にもいろいろなものを見つけることができる

あなたの好きな作品を「新しい気持ち」で改めて読んで欲しいのです
ただそれだけのこと」で多くのことに気付くことができるし
あなたは人生の状況に対して、新しい物事に気付くことができる
それは素敵なことではないでしょうか?

というわけで皇国の守護者を漫画→小説の順番にゆっくり読み直しています
小説まだ完結してないのかよ大輔はよ書けや!!


皇国の守護者 1 (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)皇国の守護者 1 (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)
(2005/03/18)
伊藤 悠

商品詳細を見る



皇国の守護者〈8〉楽園の凶器 (C・NOVELSファンタジア)皇国の守護者〈8〉楽園の凶器 (C・NOVELSファンタジア)
(2004/03)
佐藤 大輔

商品詳細を見る
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。